ゆる歴散歩♪



タグ:京都 ( 2 ) タグの人気記事


金戒光明寺にその後の直実さんに会いに行きました〜



源平合戦でも名高い一の谷の戦い


鵯越(ひよどりごえ)の逆落としは
眼下に平家の陣を見下ろして、
ほぼ断崖絶壁を
馬で駆け下り奇襲をかけるって言う、
義経かっこい〜〜な場面ですが、
他にも名場面はたくさんありで
今日お訪ねするのは
その中でも有名な
歌舞伎『一の谷双葉軍記』の主役、
熊谷直実さんです。
a0305530_22375688.jpg


その後の直実さんを訪ねる前に
このお話のあらすじをざっと・・・

一の谷の戦いも終盤にさしかかり源氏の勝ちは確実だったころ、熊谷直実はもうひとつ手柄をたてようと海岸へ馬を進めているた。
すると1人の武将が沖の船めがけて馬で海に入ったところへ出くわした。
その武将は相当な高級品を身につけていて、
「これは大物に違いない!」
直実は、
敵に後ろを見せて逃げるるなんてかっこ悪いぞ!引き返してこいや〜
と、呼びかけた。
するとその武者は振り返り一騎打ちを挑む。
しかしすぐに直実に倒されその兜をとると、年の頃なら16~17歳の自分の息子と同じ年頃の美少年。
あまりの美しさに何処に刀を突き立ててよいかもわからず、
しかもこの戦いで直実の息子も怪我をしている。
自分の息子がちょっとした怪我をしただけでも心配なのに、
『この人を討ってしまったら親はどれだけ悲しむだろう』と刀を引っ込めた直実は、
貴方を斬ったところでもう勝敗は決まっている。命はお助けするから名前を教えてくれ
するとその少年は『そうおっしゃるあなたはドナタですか?
自分はたいした物ではない。武蔵の国の熊谷直実という者だ
でしたら私はあなたにとって良い相手です。僕の首をとったらきっと誰かが知っているから
その気品ある立ち振る舞いにますます彼を殺せなくなった
直実はその場を立ち去ろうと後ろを向いた。
しかし、こちらに
土肥実平と梶原景時が50騎ばかりの兵を引き連れてやってくるのが見えて、これはもう無理!
自分が見逃しても誰かがあなたの首をとる。
ならばこの直実が討つ!
と、刀を振り下ろしてその若武者の首を斬り、
そしてその首を包もうと服を脱がせると錦の袋に包んだ笛を見つける。

それは昨晩、決戦を間近に控えたこの一の谷一帯に
何処からともなく聞こえて来た美しい笛の音
その音色に源氏の武将はみな感動していたのだった。
昨夜の笛の音はこの人だったのか!戦場に笛を持って来るなんてなんと心の優しい人なのだろう
その後の首実検で平敦盛(清盛の甥)であることがわかり、
持ち帰った笛を見て涙を見せないものはいなかった。

この平敦盛との一戦は直実の心に深く刻まれる出来事になり、
理由はそれだけではないにしても戦いのむなしさに後の出家へと繋がったともされています。

今回訪ねたのはその出家先の金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)
a0305530_03415199.jpg
わたくし関東の人間なので
京都のことはよく知らず、
今回このお寺を訪ねるにあたり
地図を見てみると
ずいぶん大きなお寺でした。
a0305530_08495769.jpg
この松が法然上人を訪ねた熊谷直実が
池で洗った鎧をかけたという、鎧掛けの松
a0305530_08563253.jpg
二代目ですけどね^^
a0305530_08574516.jpg
法然の廊所、勢至院前にある、
熊谷直実の五輪塔
そして向かい合わせに、
a0305530_09143334.jpg
平敦盛の五輪塔です。

直実の出家の理由は
戦いのむなしさからだけではなく、
手柄に対する恩賞が
大豪族に比べて微々たるものだったりの
不満や、兼ねてから領地問題で
確執のあった伯父との裁判で
不利な立場に立たされて敗訴して
切れてその場で髪を切り落として
出家したとも言われていますが、
それはきっかけで
いつかは出家して浄土住生への道を
歩みたかったのではないでしょうか?

出家後は法名を蓮生(れんせい)
と名乗りました。

その後、1207年に亡くなるまで鎌倉では
1198年に頼朝が亡くなり、
梶原景時(宿敵だったけど)の乱、
比企能員の乱、
頼家の暗殺、
畠山重忠の乱と
悲しい殺し合いが続きます。
そんな理不尽に巻込まれることなく
信仰に一途に修行出来た直実。

極楽浄土でと再会した直実と敦盛・・・
今度はお互いの立場を超えて
向かい合わせで穏やかに楽しい会話などして過ごしているのではと思います。




[PR]
by midorikojika | 2017-09-15 00:34

六波羅蜜寺へ阿古屋を訪ねて来ました〜

前回の主役、平景清は歌舞伎や浄瑠璃の題材となって日本各地に伝説も残る人気者^^
今回はその一つ、阿古屋塚を訪ねて来ました〜
a0305530_03301992.jpg
それは六波羅蜜寺の境内に
a0305530_03343657.jpg
どどん!と立派にたたずんでおります。
a0305530_03410307.jpg
隣はなんと清盛公
(平清盛より阿古屋塚の方が大きい!)

建てられた時代が少し違うのか?
阿古屋塚は阿古屋の菩提を弔うために
鎌倉時代に建てられたとされています。

このあたりはかつて平家の館が立ち並んでいたそうですが平家滅亡後は
鎌倉幕府の京都守護の出先機関
『六波羅探題』として
北条氏の者が京都の警備・監視役として
駐留するようになりました。

阿古屋
室町時代の幸若舞の『景清』
浄瑠璃『景清』
(これらでは景清を役人に密告する悪女)
江戸時代にこれを改作して
『出世景清』
さらに改作して『壇浦兜軍記
(だんのうらかぶとぐんき)
この三段目にあたる『阿古屋の琴責め』
歌舞伎で今も上演されています。

a0305530_04063470.jpg
阿古屋の琴責め
平家滅亡後、悪七兵衛景清は
頼朝の命をつけ狙います。
鎌倉幕府の役人岩永左衛門は
景清の思い人であった五条坂に住む白拍子
(遊女とも)阿古屋は捕らえ景清の行方を
白状させようとしますが
阿古屋は『知らぬ』と言い張ります。

同じく役人の畠山重忠
一風変わった拷問を用意します。
それは琴、三味線、胡弓を順に演奏する事。
これらの楽器は心にやましさがあると音色が乱れるので
重忠は阿古屋の演奏を聴いて
彼女の心のうちを推し量り、嘘偽りがないかを見極めようとしたのです。
そして阿古屋はそれらの楽器を一点の乱れもなく演奏し、
重忠は阿古屋の言葉に偽りはないと釈放しました。

畠山重忠
知性と武勇を兼ね備えた
鎌倉武士の鑑とされた人物です。
一の谷の合戦では
怖がる愛馬を背負って駆け下りたとか
(そりゃ無理^^;;)
宇治川合戦では
大串重親を鷲づかみにして岸に放り投げるとか
(助けてもらったのに重親が自分が先陣だと名乗ったから大笑い)
永福寺の庭園造営の際、
庭の巨石を1人で持ち上げて
皆を感心させたとか

力持ちであり、

歌舞音曲の才もあったようで
鶴岡八幡宮で静御前の舞にあわせて
銅拍子をうったのが重忠
また鶴岡八幡宮で神楽が催された後の酒宴で
京都から来た今様達者の雅児の吹く横笛に
合わせて今様歌を披露して頼朝を
楽しませたのも重忠だったそうです。

そんな音感に優れていたから
この阿古屋に対する演奏の拷問で
一点の乱れも無い事も見抜けたという
設定になったのかもしれないですね。

それにしても静御前の鶴岡八幡宮の舞や、
阿古屋の拷問や、
行方不明の恋人のために捕らえられて
敵の前で自分の芸を披露するって
悲劇のヒロインの定番なんでしょうか?
それを見事にこなして
敵を感動させてるところも
オンナ強し!かっこええ〜〜〜♡

***六波羅蜜寺***
京都市バス
京都駅 206 系統、清水道下車、徒歩7分
京阪電車
清水五条駅下車、徒歩7分
阪急電車
河原町駅下車、徒歩15分





[PR]
by midorikojika | 2017-08-25 05:21


愛犬をお供にゆる?く史跡を巡った日記です
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧