ゆる歴散歩♪



タグ:北条氏 ( 1 ) タグの人気記事


北条泰時に会いに常楽寺を訪ねました〜



a0305530_21203332.jpeg
とっても素敵なお寺でした〜^^

ここは鎌倉幕府三代執権の北条泰時さんが
妻の母の供養のために粟船御堂を建てたのが始まりで、
自らも眠るお寺です。
a0305530_21214710.jpeg
この奥に見えるのが仏殿。
a0305530_21443147.jpeg
鎌倉のお寺の質素さが私は好きです。
a0305530_21243314.jpeg
泰時さんのお墓は本堂裏にあります。
a0305530_21273822.jpeg
三基並んでいますがこちらが泰時さん

このお方は北条執権3代目にして
一番良い働きをしています。(と、わたしは思う)
誰でも名前だけは知っている
御成敗式目(武士のための法令)を制定
連署(れんしょ)の設置(執権を補佐する役)
評定衆
(執権、連署の下に11人の有力御家人の合議制)
和賀江嶋の築港を許可
巨福呂坂、朝夷奈切通を開く
などなど^^

それとこのお方が執権でいる間、
血なまぐさい御家人潰しがない
やっぱり愛と平和でしょ〜^^
(父義時の時代に加担してますけどね。)

そんな泰時さん
父、義時が亡くなり翌年、
叔母の尼将軍、政子が亡くなると、
幕府を大倉から宇都宮辻子(うつのみやずし)に移します。
a0305530_21281388.jpeg
ここが宇都宮辻子幕府跡
a0305530_21283842.jpeg
今は稲荷が残るのみです。

ここで気持ち新たに新しい幕府を築きたかったのでしょうか?

しかしその11年後、若宮大路に幕府を移します
a0305530_22213768.jpeg
すぐご近所なんですけどね。
宇都宮辻子では良い事がなかったらしい・・・

またまたこの目と鼻の先に泰時さんのお家があります。
a0305530_21291214.jpeg
鶴岡八幡宮の赤い鳥居のすぐ側の
侍気分』という、戦国や幕末グッズのお店の前にこんなにしっかり
残って観れるようになっております。
これも見応えがあるけど、
『侍気分』の店長さん
すごく歴史に詳しくてお話すると楽しいです^^

話がそれましたが、泰時さんのこと
もっと知りたいですね。

鎌倉時代は知れば知るほど面白いです。

***********************
常楽寺: JR北鎌倉駅または大船駅から徒歩15分強
または大船駅からバス(常楽寺下車徒歩5分)

宇都宮辻子幕府跡:鎌倉駅より徒歩10分
若宮大路幕府跡:鎌倉駅より徒歩10分























[PR]
by midorikojika | 2017-11-04 23:33 | 鎌倉時代


愛犬をお供にゆる?く史跡を巡った日記です
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧