ゆる歴散歩♪



タグ:源平合戦 ( 6 ) タグの人気記事


悪役だけど本当は良い人!梶原景時のお家を訪ねました〜



歴史は勝者のもの・・・とよく言いますね。
吾妻鏡(あずまかがみ)という、鎌倉時代の歴史書は頼朝の挙兵から6代将軍宗尊(むねたか)
(1180〜1266)間の出来事を日記にしてまとめてあるものですが、
作成したのは北条氏なので北条に都合の悪い事は書いてないらしいです。
そして今の国際情勢も同じ様なことをしているな〜と思ってしまいますが、
自分のまずい部分は他人を悪者にしてカバーします。
全ては当てはまらないとは思いますが、
頼朝の重臣だったこのお方も吾妻鏡では極悪人の様に書かれています。

『平家物語』や『義経記』は義経をヒーローに描いているので
ここでも超悪役
今日お訪ねするのは、
大河ドラマ『義経』でやたらと義経と対立していた中尾彬さん演じる
梶原景時さんです。
歴史に詳しくない方でも、あの大河を観ていたのなら
『あ〜あの嫌なおじさんね!』とわかるはずです。

でもわたしはこの人はホントは良い人だと思うのです。
なぜなら頼朝が挙兵した直後の石橋山合戦のエピソードは有名だけど、
それを恩着せがましく言う事は無かったからです。
『自分はこんなによい事をしているんだ』と声を大にして言う人は
そんなによい事はしていない。。。
モテない男(女もか?)が、たまにモテるとモテ自慢をするのと同じ(笑)
よい事をしている人や、いつもモテている人はそれが当たり前だからわざわざ
自分からアピールしないのです。
(わたしの様に特によい事もしなければモテ話もない場合もありますが^^;)

いきなり話がそれましたが、このお方はそれと先見の目の様なものがあったのではないかとも思います。
窟に隠れる頼朝を見て、一目でその才気を見抜いたからその場で頼朝を助けて
その後忠誠を尽くし、その手足となって働いたのではないでしょうか?

頼朝も、そんな景時に信頼を置き、目付けのような役割を与えたのでしょう。

景時は義経の平家討伐の時だけではなく源氏の世になった後も

他の御家人の言動を常にチェックし、頼朝に報告するという役割を荷い続けます。

それは他の御家人たちからすれば、嫌な存在だったのではないかと思いますが、

多くの武士をまとめる立場にある将軍・頼朝にとっては重要な事で、

これは告げ口ではなく職務上の報告です。


そんな影時なので頼朝が亡くなると立場が危うくなります。

頼朝が亡くなったその年の10月に鎌倉幕府の御家人66人が、

『梶原景時 弾劾状(だんがいじょう)』を作成して

時の将軍・頼家に提出します。

弾劾状とは『失敗や置かした罪を暴いて責めること』

この時はきっと御家人たちが今までの恨みで

梶原景時の悪口をめちゃくちゃ書いたんでしょうね。。。

そして頼朝亡き後の幕府内有力御家人13人の合議制から失脚させられます。


釈明のために頼家に呼び出された影時でしたが

一言の弁明もせずに退室したそうです。

その2ヶ月後鎌倉を出た影時は領地の相模一宮に移り、

幕府に対抗する意思を固めた彼は一族を連れて京に向かいます。

それはすでに譲位していた後鳥羽上皇が、幕府に対抗して院政を行い、

朝廷の復権を図ろうとしていたのでこれに同調して、

上皇から院宣を賜り、甲斐源氏の武田有義(ありよし)

将軍にして九州に独立した幕府を構えようとしていたと

言われています(これも北条の記述なので定かではない)


しかし1200年1月20日

駿河国清見関まで来たところで付近の御家人から襲撃を受けて

多勢に無勢、殆どの者が倒れ、死を覚悟した影時は

長男・影季(かげすえ)次男・影高とともに

後方の山に身を隠し自刃します。


そんな影時さんの鎌倉の館は、、、

a0305530_00023023.jpg
とくに案内も無く、
a0305530_00034936.jpg
祠と
a0305530_00042327.jpg
古井戸が残るのみ。
なんか悲しくなって来たな〜〜

しかし、
a0305530_00070897.jpg
何故かお墓が東京都大田区にあります。
a0305530_00080140.jpg
a0305530_00232251.jpg
するすみもいた〜

a0305530_00090864.jpg
梶原家のお墓は鎌倉市の梶原
深沢小学校の校庭にもあるそうです。

そして箱根で偶然見つけたのが、、、
a0305530_00282242.jpg
a0305530_00284649.jpg
立て看板を読むとまたもや悪人!
しかも平影時と梶原影季って、、、
親子なのにこの場だけは平家を名乗らせてるし、、、
よっぽど嫌われ者だったのでしょか?
でも最後は息子さんたちも一緒だったのだから
やはり人として父としてついて行ける人だったんじゃないかと
思います。

**************************************
梶原景時館跡:鎌倉市浄明寺・十二所あたり

萬福寺:東京都大田区南馬込
都営浅草線西馬込駅から徒歩15分

身代わり地蔵:神奈川県箱根町
芦ノ湖畔バスターミナル前





















[PR]
by midorikojika | 2017-10-29 00:48

木曾義仲とオンナたち

                     
8月の京都旅行で
                     
八坂の塔にある義仲さんの首塚を訪ねました〜
a0305530_22131527.jpg
朝日将軍木曾義仲
征夷大将軍でいたのはわずか10日…

最近、YouTubeで人形時代劇 平家物語を観るのにはまってます。
1話20分弱なので仕事の帰りの電車の中で観るのにちょうどいいんですよ^^
そこで初めて知ったのですが、

おモテになったのね。
義仲さま
知りませんでした。
巴の他にもそんなにあなたに
夢中なオンナがいたんて。。。

その時代、一夫多妻だから
何人もお妾さんがいても不思議ではないのだけど、
そのオンナたちが皆
義仲様と常に一緒にいたいと
武者として戦っていた事。
それがビックリ
この人には命かけて守りたい様な
魅力があったのでしょうか?

巴御前の他に葵御前山吹御前
その人形時代劇ではオンナのジェラシー炸裂の
『怖え〜〜〜』なシーンもありますが、
正妻となる冬姫(藤原伊子)は
切なく描かれています。
お姫様なのでもちろん戦いません。
たった3ヶ月の結婚生活だけど
お互い愛し合い、巴曰く
『殿は生まれて初めての恋をしているのです』と、
これも切ないけれど
子供の頃から兄妹の様に育ち、
義仲の事を知り尽くしている
巴ならではの台詞です。

そのドラマでは冬姫は義仲の後を追って自害しますが
*史実では源通親の側室になり生んだ子供が
後の道元(曹洞宗の開祖)になります。

葵御前は倶利伽羅合戦で討死
山吹御前は病気で最後まで
同行出来なかったそうです。

そして巴御前は
近江国粟津ヶ原での義仲最期の戦いで、味方が残り数騎となっても
義仲とともに死ぬことを願ったが、
義仲に諭され泣く泣く落ち延びて行き、
鎌倉に召し出され和田義盛の妻となり
和田一族が滅ぼされた後には、
倶利伽羅峠などでともに戦った石黒氏を頼って越中に住み、
91歳で亡くなったと伝えられています。
そして親友だった葵御前の近くに眠りたいと
富山県小矢部市の倶利伽羅県定公園に
葵塚と巴塚があります。
が、
伝説の多い、または架空の人物説もある巴
横須賀にもお墓があります。
a0305530_23280443.jpeg
じゃ〜〜ん!
ここは、探しましたよ。
普通に歩いても見つかりません。
民家の裏庭なんです。

ホントにこれが巴御前のお墓か?
私は信じていますけどね。
朝比奈義秀を生んだ説
年齢が合わないから無いとしても
和田義盛と結婚はあったのか?
小田原の善栄寺
巴御前が木曾義仲と和田義盛の菩提を弔うために
創建したと伝えられています。

伝説いっぱいの巴御前
まだ各地にお墓と伝わるものがあるらしいので
これからも訪ねに行きたいです。

********************************

*冬姫が道元の母説も定かではないそうです。
(以下Wikipediaより)
義仲と冬姫の婚姻を語るのは『平家物語』だけで、
九条兼実慈円の書いた『玉葉』『愚管抄』には記述がないため、
『平家物語』の創作で実在の人物ではないとする見解もある

また、道元の両親が誰であるかについては諸説あり、

通親と伊子を両親とする面山瑞方による訂補本『建撕記』の記載の信用性には疑義が呈されている。










[PR]
by midorikojika | 2017-10-25 23:21

金戒光明寺にその後の直実さんに会いに行きました〜



源平合戦でも名高い一の谷の戦い


鵯越(ひよどりごえ)の逆落としは
眼下に平家の陣を見下ろして、
ほぼ断崖絶壁を
馬で駆け下り奇襲をかけるって言う、
義経かっこい〜〜な場面ですが、
他にも名場面はたくさんありで
今日お訪ねするのは
その中でも有名な
歌舞伎『一の谷双葉軍記』の主役、
熊谷直実さんです。
a0305530_22375688.jpg


その後の直実さんを訪ねる前に
このお話のあらすじをざっと・・・

一の谷の戦いも終盤にさしかかり源氏の勝ちは確実だったころ、熊谷直実はもうひとつ手柄をたてようと海岸へ馬を進めているた。
すると1人の武将が沖の船めがけて馬で海に入ったところへ出くわした。
その武将は相当な高級品を身につけていて、
「これは大物に違いない!」
直実は、
敵に後ろを見せて逃げるるなんてかっこ悪いぞ!引き返してこいや〜
と、呼びかけた。
するとその武者は振り返り一騎打ちを挑む。
しかしすぐに直実に倒されその兜をとると、年の頃なら16~17歳の自分の息子と同じ年頃の美少年。
あまりの美しさに何処に刀を突き立ててよいかもわからず、
しかもこの戦いで直実の息子も怪我をしている。
自分の息子がちょっとした怪我をしただけでも心配なのに、
『この人を討ってしまったら親はどれだけ悲しむだろう』と刀を引っ込めた直実は、
貴方を斬ったところでもう勝敗は決まっている。命はお助けするから名前を教えてくれ
するとその少年は『そうおっしゃるあなたはドナタですか?
自分はたいした物ではない。武蔵の国の熊谷直実という者だ
でしたら私はあなたにとって良い相手です。僕の首をとったらきっと誰かが知っているから
その気品ある立ち振る舞いにますます彼を殺せなくなった
直実はその場を立ち去ろうと後ろを向いた。
しかし、こちらに
土肥実平と梶原景時が50騎ばかりの兵を引き連れてやってくるのが見えて、これはもう無理!
自分が見逃しても誰かがあなたの首をとる。
ならばこの直実が討つ!
と、刀を振り下ろしてその若武者の首を斬り、
そしてその首を包もうと服を脱がせると錦の袋に包んだ笛を見つける。

それは昨晩、決戦を間近に控えたこの一の谷一帯に
何処からともなく聞こえて来た美しい笛の音
その音色に源氏の武将はみな感動していたのだった。
昨夜の笛の音はこの人だったのか!戦場に笛を持って来るなんてなんと心の優しい人なのだろう
その後の首実検で平敦盛(清盛の甥)であることがわかり、
持ち帰った笛を見て涙を見せないものはいなかった。

この平敦盛との一戦は直実の心に深く刻まれる出来事になり、
理由はそれだけではないにしても戦いのむなしさに後の出家へと繋がったともされています。

今回訪ねたのはその出家先の金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)
a0305530_03415199.jpg
わたくし関東の人間なので
京都のことはよく知らず、
今回このお寺を訪ねるにあたり
地図を見てみると
ずいぶん大きなお寺でした。
a0305530_08495769.jpg
この松が法然上人を訪ねた熊谷直実が
池で洗った鎧をかけたという、鎧掛けの松
a0305530_08563253.jpg
二代目ですけどね^^
a0305530_08574516.jpg
法然の廊所、勢至院前にある、
熊谷直実の五輪塔
そして向かい合わせに、
a0305530_09143334.jpg
平敦盛の五輪塔です。

直実の出家の理由は
戦いのむなしさからだけではなく、
手柄に対する恩賞が
大豪族に比べて微々たるものだったりの
不満や、兼ねてから領地問題で
確執のあった伯父との裁判で
不利な立場に立たされて敗訴して
切れてその場で髪を切り落として
出家したとも言われていますが、
それはきっかけで
いつかは出家して浄土住生への道を
歩みたかったのではないでしょうか?

出家後は法名を蓮生(れんせい)
と名乗りました。

その後、1207年に亡くなるまで鎌倉では
1198年に頼朝が亡くなり、
梶原景時(宿敵だったけど)の乱、
比企能員の乱、
頼家の暗殺、
畠山重忠の乱と
悲しい殺し合いが続きます。
そんな理不尽に巻込まれることなく
信仰に一途に修行出来た直実。

極楽浄土でと再会した直実と敦盛・・・
今度はお互いの立場を超えて
向かい合わせで穏やかに楽しい会話などして過ごしているのではと思います。




[PR]
by midorikojika | 2017-09-15 00:34

平景清を訪ねて化粧坂


a0305530_11270017.jpg
それは鎌倉の化粧坂の入り口にひっそりとあります。
a0305530_11302333.jpg
a0305530_11312512.jpg
意識しなければ通り過ぎてしまうようなそれは
水艦景清大居士
ここは平景清の最後の地であります。
平景清
平家に仕えて都落ちに従ったため、
平と呼ばれていますが、
藤原秀郷の子孫で伊藤景清とも言います。
大河ドラマの平清盛ではこのお方のお父さんがずっと平家に仕えていました。
俳優の藤本隆宏さん演じる
伊藤忠清は素敵だった〜♡

余談ですが第47回『宿命の対決』で
富士川の戦いで水鳥の飛び立つ音を敵襲と
勘違いして逃げ出して総崩れ・・・
何ともトホホな負け戦をして帰った
維盛に激怒した、
その頃はクソジジイ化していた清盛
忠清の首をも刎ねようとした
その時、

『死ぬる前に申し上げたい義がござりまする。

殿は今、維盛様に仰せになりました。

それでも平家の男の子かと。

戦というものをご存じなく、兵の心を知らず。遊び女を陣内に招き入れる。

それが紛うことなき

平家の男の子の姿にございます。

平家を公卿にまで高めた。

武士ではできなかったでしょう。

殿、平家はもはや武門ではござりませぬ。

殿ご自身がもはや武士ではござりませぬ。

殿が目指した武士の世は、

武士のままでは造れぬものにござりました。』


どうぞ、この首、刎ねてくださりませと忠清。

清盛が忠清の首を刎ねようとして

太刀を振り上げる。

しかし、、、

剣の重さに負けて尻餅してしまう清盛

もう身も心も武士ではない

哀しい清盛爺(泣)


ここ、、、名場面です!


話がずれましたがこの景清さん

何故この鎌倉に?

景清の伝説は数多く、

歌舞伎や浄瑠璃にも多く使われています。

ここの洞窟の牢に

捕らえられていた説もありますが、

私が信じている説を

今日はご紹介させていただきます。


平景清(伊藤景清)

上総七郎(上総介忠清の七男という意味)

悪七兵衛(あくしちびょうえ)の異名を持つほど勇猛だったそうです。

この時代の『悪』とか『鬼』とかは

悪者的な意味ではなく

そのくらい強いって言う意味で使われます。


源平合戦の中でも扇の的で有名な

屋島の戦い

ドラマなどではだいたい

那須与一が見事に扇を撃ち落とし

源氏かっこい〜〜で終わるけど、

実は続きがあるんです

与一が見事に扇を撃ち落とした直後に

あっぱれ!と、ばかりに

船上でお祝いの舞いを

始めた平家方の男へ

『あれも射よ!』と、義経

『ええっ〜〜〜?』

『勘弁(汗)』

みたいな与一さんの心のうちが

見えてきそうなこの場面。

与一だってこんな賭けみたいな事ホントはしたくなかったはず、、、

まるで弓の名手ならこの人!と

登場したかの様にドラマでは描かれていますが

実のところ畠山重忠に断られ

那須為高(与一の兄)にも断られ

三人目の与一に『これ断るなら国へ帰れ!』と

義経に切れられて渋々の登場だった訳で、、、

またもや、嫌だけど心を鬼にして

放った矢は男の首に命中。


これをきっかけに再び戦闘がはじまり

景清は逃げる源氏側の美尾屋十郎の

甲の(しころ=首を保護するために甲の後ろに垂れている部分)を

素手で掴んで引きちぎり、

十朗は側にいた馬の影に隠れたものの

深追いはせず、

引きちぎった錣を天高くかざしながら

『我こそは都の童も

悪の七兵衛と呼ぶ上総の景清よ!』

と、名乗りをあげるのです。

そのあとも義経の

ちょっと格好悪いエピソードがあるけど

切りがないのでまたの機会にしますが

景清はこのあと壇ノ浦の戦いでも

上手く戦場を逃れて生き延び、

兄・忠光源頼朝の命を狙います。

しかし忠光は

鎌倉に建設中だった永福寺の工事現場に

片目に魚の鱗を入れた姿で侵入して

頼朝暗殺の機会を狙いましたが

素性がバレて処刑されてしまいます。


そして景清は東大寺大仏殿に

頼朝がお参りするのを

狙って暗殺計画を企てるも見つかってとうとう捕らえられてしまいます。

しかしすぐに斬首される事は無く、

主君を思う武士の誉れとして

鎌倉武士の同情を買い、

鎌倉へ送られ武闘派で知られる和田義盛

預けられます。

しかし流石に悪七兵衛!

景清は義盛邸の庭で馬を乗り回し、

酒を飲んでは大暴れ・・・

豪快すぎます!

困り果てた義盛は頼朝に相談して

八田知家に預かり役を代わってもらいます。

義盛と同じく武闘派で

敵ながらも豪快で大胆な景清に

良い印象を持っていた

知家は義盛以上に親切に

敵に捕らえられ、

その地で保護されるという

惨めで哀しい気持ちを悟られまいとした

景清の横暴ぶり

何一つ文句も言わずにまるで息子の様に

もてなしてくれました。


その優しさに

今まで張りつめていた景清の心は

見事に崩れました。

やがて彼は化粧坂の中腹にある洞窟に籠り

それでも毎日八田家から運ばれて来る食事には

一切手を付けずに

ひたすら読経を続け

勇猛と称された身体は見る影もなく

やせ細り、

1195年3月7日

その命が尽きるのです。


長くなりましたが上の写真が化粧坂入り口の洞窟跡の碑です。

a0305530_21203177.jpg

現在多くの観光客が訪れる化粧坂は
かなり昔の面影が残る場所だと思われます。
鎌倉七切り通しのひとつで、防御上わざと登りにくくしてあるのと、
名前の由来は源平合戦で平家の武将の首実検をここで行う際、
首を化粧したからだそうで( ꒪⌓꒪)( ꒪⌓꒪)( ꒪⌓꒪)

多くの仲間達が首実検されたこの地で
読経を続けた景清
源平合戦での出来事や逃亡生活が
走馬灯の様に駆け巡っていたのでしょうか?

***化粧坂(けわいざか/けしょうざか)***
鎌倉駅または北鎌倉駅より徒歩












[PR]
by midorikojika | 2017-08-20 21:40

三浦半島の城跡〜鐙摺城址〜

a0305530_14412570.jpg
こんにちわんです!
三浦半島には地味ながら見応えのある史跡が
沢山あります。
前回の六代のお墓を訪ねた日は盛りだくさんで
他にも時代が前後しながら
歴オタの自分としては満腹感のある
お散歩の出来た1日でした。
その中からまた1つご紹介します^^

いきなりワンズが登っているのは
鐙摺城址です。
葉山の港近くで小高いお山です。
a0305530_14485485.jpg
山頂は広場みたい
a0305530_14510799.jpg
海がみえますね〜
このお城は
鐙摺城の他に 旗立山、軍見山、
とも呼ばれていました。
鐙摺という名は三浦義明の三男、
太多和三郎義久
挙兵前の頼朝をここへ案内した際、
頼朝の鐙が摺れたことから
この名をつけたと言われています。
a0305530_15043653.jpg
こちらは伊東祐親の供養塔です。
伊東祐親(いとうすけちか)
頼朝の最初の彼女、八重姫のお父さんです。
(オンナ好きの頼朝なので最初かどうかは?)
祐親は伊豆に流刑になった頼朝の監視役。
京から3年ぶりに戻ると
自分の娘が頼朝の子を産んでいる。
平家全盛の時代に
源氏の子供なんてとんでもない!と、
可愛い盛りの千鶴丸を川に沈めて殺害。

八重姫は頼朝から引き離され
江間小四郎に嫁がされるが、その後家出して
頼朝を訪ねた時には北条政子と結婚していた。
絶望した八重姫は入水自殺(泣)

そして頼朝挙兵
平家側についた伊東祐親は
富士川の戦い後に捕らえられ
長女の嫁ぎ先の三浦義澄に預けられます。
義澄の助命嘆願と北条政子の懐妊もあって
恩赦が下されることになりましたが
以前の行いを恥じるとしてこの地で自害したとされています。

そしてもう一つ
このお城には
頼朝の女性関係のお話があります。

亀の前
頼朝の浮気相手として
1番有名なのがこのお方。
伊豆からの関係で小坪(逗子)に
呼び寄せて寵愛を続けたそうな、、、

容姿端麗で優しい人柄
う〜ん。
政子の様な強いオンナも良いけど
優しい女性に癒されたくも
なるのかな〜〜?

それを義母の牧の方に聞いた政子は激怒!
小坪のお家は破壊され、
命からがら
逃げて来たのがこの鐙摺城だそうです。

オンナ好きの頼朝
これに留まらず、
政子が妊娠中にやらかします。
最低の旦那だ\\\٩(๑`^´๑)۶////

次女乙姫を妊娠中には
悪源太義平の未亡人
(お兄ちゃんの奥さん)にまで
手を出し、、、未遂に終わるけど(;o;)

他にも沢山ありすぎるので
今回はここまで^_^
a0305530_23284885.jpg
鐙摺城の直ぐしたの道路沿いにあるお菓子屋さん
蔵の素敵なお店です。
a0305530_23325468.jpg
逗子の海岸も直ぐ近くですよ〜

最初に書いた別名
旗立山、軍見山に関してはまたの機会にゆっくり書かせていただきます^^/

鐙摺城址
JR逗子駅よりバス『鐙摺』下車
JR逗子駅より徒歩30分












[PR]
by midorikojika | 2017-07-18 23:44

六代のお墓

前回のお散歩で訪ねた文覚続きで、
文覚によってその運命を変えられたお方
      六代さん

 六代・・・・平の清盛の曾孫ちゃんです。
なぜ六代と呼ばれているかと言いますと、、、
清盛のお爺ちゃん、平正盛から数え
6代目に当たるからだそうです。
正盛、忠盛、清盛、重盛、維盛、
そして高清←六代は幼名です。

a0305530_05495662.jpg
なかなか、立派であります。。。
と、思いきや、、、この奥に、、、
a0305530_05514397.jpg
更にこの階段を上がって
a0305530_05524449.jpg
じゃ〜〜〜ん!!
すごい立派であります^^
大きなケヤキの木の下のお墓で
六代さんは何を思うのでしょうか??

1173年 
平徳子が高倉天皇に入内した、
まさに平家全盛の頃に生まれた六代
しかし10歳で平家は都落ち
父維盛の都落ちのシーンは涙を誘います。
出発しようと馬にまたがる維盛に
『置いて行かないで〜』
と鎧にすがる息子の六代
最後に弓のはしでサッと簾をかきあげ、
もう一度
妻と息子と娘の顔を見てから
静かに都を落ちて行く維盛。
これが永遠の別れとなります。

そして1185年
壇ノ浦で平家滅亡
(父維盛はその前に突然戦線を離脱し
放浪の末、那智で入水自殺)
京にいた六代は
北条時政に捕らえられ鎌倉へ送られ
処刑されるはず、、、でしたが

ここで文覚の登場です。

当時、頼朝の信頼を一身に受けていた文覚は
まだ幼い子を斬る事を良しとせず、
出家させて自分が面倒を見ると
頼朝に頼み込み、
六代は処刑を免れ妙覚(みょうかく)として
仏の道に生きることになりました。
荒くれ者で怪しい坊さん文覚だけど
こんな優しい一面もあったんですね〜^^
その後、1194年
鎌倉で頼朝に謁見した六代は
改めて謀反の意思が無い事を頼朝に告げます

しかし、その4年後
頼朝の死から1ヶ月、
三左衛門事件
文覚が関与していたとされ佐渡に流罪

そのころ全国各地を回る行脚修業の最中だった
六代はもちろん
事件には関与していなかったのです。
が、
修行を終えて京に戻ったところを
拘束され鎌倉に送られたあと
田超川にて斬首
享年26歳でした。

なにもしてないのに生きている事を
許されなかった六代。
平家の血が鎌倉幕府の脅威と
なってしまったのでしょう。

頼朝と言うカリスマを失った
鎌倉幕府はこのあと
血生臭〜い
権力争いを繰り広げて行くことになるのです。


六代御前の墓
JR逗子 または
京浜急行 新逗子駅より徒歩約10分










[PR]
by midorikojika | 2017-07-15 04:40


愛犬をお供にゆる?く史跡を巡った日記です
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧