ゆる歴散歩♪



タグ:阿仏尼 ( 1 ) タグの人気記事


阿仏尼を訪ねて鎌倉



今日はなぜ鎌倉に冷泉家?
冷泉為相(冷泉家の祖)のお母さん
阿仏尼を訪ね歩きました〜^^
a0305530_23594070.jpg
ここはからやってきた阿仏尼が住んだと言われている場所です。
阿仏尼はあの小倉百人一首の選者
藤原定家の子、
為家の晩年の妻。
その子供が冷泉為相です。

どうして阿仏尼が京から鎌倉へ来たか?
為家には前妻との間に何人か子供がいるので
遅く生まれた為相の将来を心配した為家は
一旦長子為氏に譲った細川荘を為相への相続に
切り替えます。
為氏はその決定を受け入れますが
為家が亡くなるとそれを無視。
埒があかずに阿仏尼は訴訟を決心して
鎌倉に下向したのでした。
その道中見たものや
鎌倉に来てからの生活を
書いたものが十六夜日記
(いざよい日記)です。
a0305530_00331946.jpg
こちらは十六夜日記にも出て来る極楽寺です。
おうちは江の電の極楽寺駅から
稲村ケ崎に向かう線路沿いなので
このあたりを歩いていたのでしょう。
a0305530_00423427.jpg
a0305530_00431069.jpg
こちらは月影地蔵
元は阿仏尼の邸宅にあったものを
移したらしいです。

阿仏尼は安嘉門院のもとに女房として
出仕していたり、
為家との出逢いが
源氏物語』を介してというように、
優美な世界の人でした。
鎌倉へ下ったのは60歳くらいのこと
その時代の60歳って
今で言えばどのくらいだろう?
かなりの高齢者のはずです。
それを京から鎌倉へ来て訴訟なんて
人生って何が起こるかわからないものですね。
a0305530_01001510.jpg
その息子の為相は母阿仏尼の後を追って
鎌倉へ下り住んだのがこの藤ヶ谷
a0305530_01044032.jpg
お墓は浄光明寺の裏山にあります。
a0305530_01084202.jpg
為相のお墓からの眺めです。
向こうに海まで見渡せますがその手前から
踏切の音が聞こえ電車も見えます。
阿仏尼のお墓はその線路沿いにあり、
母のお墓をいつも眺められるようにと
この場所に為相のお墓を造ったと
いわれています。
a0305530_01171206.jpg
阿仏尼の生きている間に
訴訟の決着はつかず、
20年も争われて為相の勝利となります。
a0305530_01221718.jpg
ここは裁許橋(さいきょはし)
この近くに問注所(今で言う裁判所)が
ありました。
a0305530_01280211.jpg
今の御成小学校の辺りです。

問注所と言えば前回日記の熊谷直実も
ここで所領を巡る裁判をしたってことですね。
あ〜いろんな歴史のシーンがこの場で・・・
想像するだけでも楽しくなる鎌倉散歩でした〜


阿仏尼邸宅跡 江の電『極楽寺』より徒歩5分
月影地蔵 反対方向に徒歩5分
浄光明寺鎌倉駅西口から徒歩15分
阿仏尼墓
鎌倉駅西口から徒歩15分
英勝寺並びやぐらの中










[PR]
by midorikojika | 2017-09-24 02:11


愛犬をお供にゆる?く史跡を巡った日記です
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧