人気ブログランキング | 話題のタグを見る

公暁祭りと奉納演劇〜公暁Revolution〜

公暁祭  


静岡県沼津市の大泉寺にて

初の公暁まつりが、2024年2月24日に開催されました。


ここは阿野庄

あの、、、、あのです。阿野全成です。

こちらの写真は数年前に撮ったものです。

大泉寺は全成の屋敷跡とされ、境内には全成と息子の時元のお墓があります。

そして、わたしも最近知ったのですが公暁のお位牌があるのです。


公卿といえば、時の将軍源実朝を暗殺した大悪人として有名ですが、

彼が実朝を暗殺するに至った経緯や、彼の人柄などは資料として全く残っていないのです。

ただ事実だけ、三井寺で修行して6年後鎌倉に戻り、鶴岡八幡宮寺の別当に就任、

そして1219年1月27日、叔父の実朝を暗殺。

三浦義村を頼り首を持って逃げるも三浦の手先、長尾定景に討たれる。


墓は無し。。


暗殺の動機は諸説あるけれど、どれもはっきりしない。

だからこそ、色んな妄想が出来るわけで、、、

しかし何故この鎌倉から遠く離れた静岡県沼津市の大泉寺に公暁のお位牌が??


鎌倉に観光で来る人の中で歴史が好きで来る人は100人中1人の割合だと聞いた事がありますが、

それでも歴史好きで鎌倉で活動していると、何処からか似たような歴オタが集まってきて、友達になっていたりするのですが、

善哉庵さんもそのひとり。


初めて会ったのは、確か鎌倉殿の13人大反省会の時でした。

自己紹介で彼女は公暁愛を語り、大泉寺に公暁の供養塔を建てるべく活動をしていると。


私は彼女の公暁への深い愛に感銘を受けて機会があるたびに、グッズを購入したり募金をしたり、

細やかな協力をしていましたが、昨年暮れに公暁祭りを2024年の2月に初めて大泉寺で行うことになったことを聞いて、

これはちょっと遠いけど、善哉庵さんの応援も兼ねて遊びに行こうなーんて考えて、

『お祭りには行くね~っ』て言ったら、『パネルディスカッションにパネラーとして出てもらえませんか?』と。


それって何人かの人が前に出て喋るやつだよね?

そんなのやった事ない。

でもひとりで喋るんじゃないからまぁ良いか笑笑って簡単に引き受けた訳です。



その後、我らが鎌倉もののふ隊も出陣して奉納演劇のエキストラを務めると。。。

じゃあ、わたしも僧兵の格好してエキストラやろー🎵なんてまた軽い気持ちでいたら、

ブシトーークの岡田さんが私と同様にパネルディスカッションと、演劇では長尾定景役にオファーされていて、

『実朝役がいないんんですよ。。。』と、奉納演劇の台本を書いている論理鼠さん


『子鹿御前さん、やってもらえませんか?』


えーーーーアタシ役者魂ゼロですよ。。。

『でも、実朝台詞少ないんです。やってもらえませんかっ。』

って事で台詞少ないならなんとかなるかな。。と、

人生初の演劇の舞台に立つ事になってしまったのでした。

と。前置きがかなり長い。


そして2月の初めに送られて来た台本が

面白い、、、!!

実朝暗殺事件をそう取るか。。


新説とも言えるくらいの展開だけど、そんなのあり得ないよとは言わせない出来栄えでした。

色々な言われはあるけど、先に書いたようにどれもハッキリしない。

それをそう解釈するか。。

凄いなーーーー!!


台本を書いている論理鼠さんは、劇団『風に吹かれて』の一員で今回の演劇では公暁役!

公暁推しでもって文学好き。たくさんの本を読んでいるからこそ書ける台本なのだなぁと、

後で彼女のYouTubeを見て納得しました。


『風に吹かれて』は素人劇団とは言え、みなさんミュージシャンで普段からライブ活動もされているそうです。流石声も出ているし滑舌も良い。

そしてミュージシャン劇団だけあって曲もオリジナルで途中ギターやニコの生演奏と生歌が入ります。つまりミュージカル仕立ての演劇ってことです。

ストーリーは1247年 宝治合戦で滅び行く三浦一族・・・
足を引きずりながら歩く、三浦光村が
『それがしはこれまでだ。今やっと本当のことを話すことができる・・・公暁様のことだ・・・』と、語り始めます。

30年前、14歳の駒若丸(光村)は公暁に仕えて、父の義村は公暁を旗頭に北条義時を討ち、
三浦が北条にとって代わることを目論みます。

公暁の真意を聞き出す駒若・・・
『北条義時は殺す』
しかし、単に復讐ではなく汚い現政権を一掃し、新しい国を作ると。
氏族の隔てなく、『何者でもない者たち』に協力を呼びかける公暁は
阿野時元にも声をかけます。

時元は『ならば、まず連帯すべきは鎌倉殿・・・実朝です。』
『あいつは腐った現政権の象徴ではないか!』と、反論する公暁に、時元は
『私は子供の頃からあの方を知っている。』
『あの方こそ未来を憂う者なのです!どうかあの人と話してください!』

そうして実朝に会いに行く公暁・・・
公暁祭りと奉納演劇〜公暁Revolution〜_a0305530_04571906.jpg
そして・・・・

ここからは実際の演劇を観ていただきたいです。
公暁祭りは終わりましたが、
4月には東京の大森で、6月には青山での公演が決まっています。

大森風に吹かれて
4月19日(金)19:00開場 19:30開演
20日(土)18:00開場 18:30開演
¥2500ー (全席自由・飲食別)

青山 月見ル君想フ
6月13日(木)19:00開場 19:30開演
¥2500ー (全席自由・飲食別)

お時間合いましたら観にいらしていただけたら嬉しいです。

私も引き続き実朝役を演じます。

大泉寺には沢山の方が見にきてくださり、
『ブシトーーク見てますよ』と声をかけていただたり、また後にXで呟いてくれていた方も多数・・・
Xでフォローしているあの人も来ていたんだ〜〜〜声をかけて貰えればお話出来たのに〜なんてのも
沢山あり、大泉寺の初!公暁祭りがどれだけ歴史好きの注目を浴びていたかがわかりました。

そんなお祭りに参加出来たことを嬉しく思う実朝子鹿御前です

演劇とパネルディスカッションの他にミニライブ
劇団『風に吹かれて』の総監督は崖の上のポニョでお馴染み、藤岡藤巻の藤岡さん
藤岡さんのライブの最後に出演者全員とポニョを合唱^^
公暁祭りと奉納演劇〜公暁Revolution〜_a0305530_04571532.jpg
そこへポニョのぬいぐるみが登場すると、
観ていた小さな女の子が
『ポニョ〜〜〜〜〜』と、大盛り上がり!
飛び跳ねて喜んでいました。(可愛かった〜〜^^)
公暁祭りと奉納演劇〜公暁Revolution〜_a0305530_04571123.jpg
公暁の供養塔は実現したら全成と時元のお墓のある向かい側に建てられるそうです。

4月からはクラウドファンディングも始まります。
ご協力いただけると嬉しいです。
詳しくは下記リンクを覗いてみてください。








by midorikojika | 2024-03-25 06:39 | 鎌倉時代

ゆるく楽しく歴史も学びながら皆さんに鎌倉をご案内してます。日記はご案内以外に歴史の逸話etc


by 子鹿御前